世帯年収400万の我が家が加入している保険金額は年間〇〇円!

30代も後半になって「子どもの進学」や「老後の不安」から複数の保険に加入しています。

でも、収入の割に保障を手厚くして保険貧乏になっているんじゃないかと思っています。

今回、見直しのためにも、世帯年収400万円の我が家の加入している保険を公開したいと思います。

家族構成

私(夫)37歳 /会社員
妻:33歳 /パート
長女:5歳 /保育園(年長)
次女:3歳 /保育園(年少)

収入保障保険:三井住友海上あいおい生命保険

保障内容

保険期間:2050年2月
保険内容:月100,000円(病気、災害で死亡・高額障害)
     一括支払い:2,989万円
保険料:月額3,560円 (年間42,720円)
保険料払込期間:2047年2月
加入目的:毎月の生活費

我が家は住宅を3年前に購入済みで、住宅ローンは団体信用保険で死亡したら支払いを免除されます。
妻もパートで月に10万円ほどの収入があるので、プラス10万円の生活費を考えて加入しました。

保険料の払込が完了してから3年後に満期を迎える保険です。

積立利率変動型終身保険:三井住友海上あいおい生命保険

保障内容

保険期間:終身
保険内容:200万円(病気、災害で死亡・高度障害)
保険料:月3,736円 (年間44,832円)
保険料払込期間:2042年2月
加入目的:葬儀代

これは葬儀代になっていますが、最近では家族葬が多くなっているのでこんなに必要ないかも知れません。
老後の資金にと保険屋さんに言われましたが、見直しをしようと思います。

無解約返戻金型逓減定期保険:三井住友海上あいおい生命保険

保障内容

保険期間:2038年2月
保険内容:1053万円(病気、災害で死亡・高度障害)
保険料:月1,828円 (年間21,936円)
保険料払込期間:2038年2月
目的:長女の学費

逓減型の保険で加入から10年以降が支払い金額が大幅に下がってきます。
10年後には貯金が少しは貯まっている(希望)と思うので、今現在の保障を厚くしてます。

無解約返戻金型逓減定期保険:三井住友海上あいおい生命保険

保証内容
保険期間:2039年12月
保険内容:1264万円(病気、災害で死亡・高度障害)
保険料:月2443円 (年間29,316円)
保険料払込期間:2039年12月
目的:次女の学費

次女が誕生した月に加入しました。
こちらも長女と同じく今現在の保障を厚くしていて、
次女は生まれたばかりだったので、額が多くなっています。

新終身医療保険:メットライフ生命

保障内容

保険期間:終身
保険内容:入院日額7000円、手術給付金3.5~14万、通院日額0円
先進医療給付特約、終身七疾病入院延長給付特約、
保険料:月7,135円 (年間85,620円)
保険料払込期間:2041年12月

複数の特約をつけてしまっているので割高になっています。
国の医療制度に無知だったために高額の保険に加入してしまった。

保険の見直し最有力候補ですね。

学資保険:ソニー生命

保障内容

保障内容:高校卒業時100万
保険料:月4420円(2029年12月まで支払い)
【年当たり53,040円】

生命保険でリスクヘッジをしつつも、貯金と割り切っています。
長女が17歳の時に支給なので、大学入学前の準備ができます。

学資保険:ソニー生命

保障内容

中学・高校入学時30万、高校卒業時100万
保険料:月7210円(2029年12月まで支払い)
【年当たり86,520円】

長女が大学入学用に200万円を予定していましたが、
分けて加入した方が金利が良かったんだと思います。

自動車保険:ソニー損保

保障内容

保障期間:1年
保障内容:対人・対物無制限、人身障害3000万、車両保険180万円
保険料:66,810円 払込済

36歳で初の自動車保険に加入。
等級も低いため保険金の額が割高になっています。

ちなみに今年の見積もりは58,000円くらいになりそうです。
3年落ちの中古車を昨年購入したんですけど、いつまで車両保険に入れば良いのか悩んでいます。

自動車保険:そんぽ24(妻)

保障内容

保障期間:1年
保障内容:対人・対物無制限、人身障害3000万、車両保険115万円
保険料:29,290円 払込済

妻の等級はMAXなので車両保険をつけても私の半値以下で収まっています。

共済(妻)

保障内容

保障内容:入院日額4500~5000円、死亡400~1000万
保険料:36,000円 払込済

まとめ

年収400万円の我が家の保険金額のトータルは496,084円でした。
なんと、年収400万の1割以上も保険料を支払っているという驚愕の数字で驚いています。

ちなみに手取り収入320万に対しては15%も払っている計算になりました。

これは、緊急に家族会議をして保険料の見直しを図りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください