会社支給の携帯電話を私用で使いすぎると恐ろしいことになりますよ。

私の会社では、ほとんどの従業員に携帯電話(スマホ)が支給されています。
工場のスタッフが多いため、ほとんど使えている方がいません。
それでも支給をする意味があるんでしょうか。
今回は、会社が携帯電話を支給する目的私用で使うと会社にバレるのか見ていきましょう。

会社が携帯電話を支給する目的とは

FirmBee / Pixabay

会社がなぜ携帯電話を従業員に支給するのか。それぞれのメリット・デメリットを見てましょう!

従業員側のメリット

・自前で携帯を契約しなくてすむ(携帯代を払わなくてすむ)。
・会社用と自分用とで完全に使い分けが出来る。
従業員側のデメリット

・少しでも電話にでないと理由を聞かれる。
・帰宅後も電話があるのでゆっくり出来ない・・・
会社側のメリット

・従業員の管理、業務の共有化
会社側のデメリット

・携帯代を会社が払わなくてはいけない。

私の勤め先の工場は生産ラインが複数に分かれています。
工場も3箇所(同県内)あるので、連絡を取るのが大変です。

良くあるんですが、生産ラインごとの情報の共有は出来ていても
他のラインには情報が届いていなくて、あわや納期が間に合わなくなりそうな事が頻繁に起こっていました。

そこで会社は対策に乗り出すことに。
ほぼ全従業員にアイフォンを支給したんです。

しかし工場の人間は40代以上が多いので使い方がわからない・・・
なので使える機能は、電話(FaceTime)とグループメッセージしか教えていません。
あとは、トラブルがあった時に画像を送ってもらうので写真の撮り方ですね。

最初は、スマホを見るという行為に慣れていないのか、メッセージを送っても確認していないということも良くありました。

会社の携帯電話を私用で使えるのか

geralt / Pixabay

携帯電話(スマホ)を支給したての頃は、会社にスマホを置いていく方が多かったです。

しかし最近では、家で写真を撮ったり、音楽を聴いたり、SNSを始めたりなど積極的にスマホライフを楽しむようになりました。

ですが、ここで問題が起こってきたのです。

今までネットを使う習慣がない方々なので、自宅にインターネット環境がありません。
ネット利用はスマホのデータを使っていますので、データの使用容量が上限を超える方も出そうな感じです。

ここで気になるのが、私用で会社の携帯電話を使うと会社にバレるのかという疑問が生まれました。

先に結論から言いますと、会社が調べようと思えばバレます!

以前、会社のスマホで子供にユーチューブを見せていたら、その月のデータ使用量が上限を超えてしまったのです。
そして携帯電話会社からメールで案内が届いて、他のスタッフにも規制をかけてしまい迷惑を掛けました。

誰が何にどれくらい使っているのか、履歴は請求書には詳細が載ってはきません。
なので、1回くらい起こしただけなら会社は何も言っては来ません。

それで大丈夫だと使い続けいていると、会社からのメスが入ります。
毎月のデータ使用量が増えている原因を探すのです。

携帯電話に詳細資料を請求すると、過去の履歴で誰が、いつ、何に、どれくらい使っているのかが一発でバレます。

私の会社は基本的に私用でも使えますが、グループで使える容量が決まっているので、他の方に迷惑を掛けないように気をつけましょう。

これは私の実話ですので、皆さんも気をつけてくださいね。

まとめ

会社が携帯電話(スマホ)を支給する目的は、情報の共有、環境整備の一貫だと感じています。

また会社から支給されている携帯電話を私用で使うのか良いのか悪いのかのジャッジは会社によって違ってくると思います。

私の勤務する会社では、基本的に私用でも使えます。

ただし気をつけて欲しいのは、使用の履歴が会社にバレるので、アダルト系など見られたくないものは控えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください